STD Nyokki's Lab Ⅴ

STD Nyokki's Lab Ⅴ

電子工作、バイク、パソコンを中心に記事を掲載しています。youtube一応やってます。www.youtube.com/user/tatsushi100

YZF-R1 サスペンション ショック 初期値 スタンダード設定

いやーR1級になると膝をするのがやっとというレベルなんですよね。。。

タイヤもこんなちょっとしか使えないへなちょこ

これはフロント

 

なんだか600RRのほうが乗りやすいんですよね(正立のやつ)

 

 

そんなこんなで適当にサスのセッティングをいじったら即「」なんですよね・・・

 

そんなわけで今回はスタンダードに戻す方法を教えちゃいます笑

参考にしたのはサービスマニュアルです。

 

まずはフロントフォークから

フロントフォークはイニシャルアジャスターに赤いアルミの調整用のレバーがついているものがプリロード

その内側にあるのが圧縮(左)と減衰(右)のダンピングです。

 

 

まずプリロードは時計回りで硬く、反時計回りでやわらかくなります。

プリロードを回すと写真にあるような線があります。

一本目の線が値1です。

2本目が値2です。

最大値は5、最小値は0です。

なのでこの写真は値2.4ぐらいでしょうか。

 

重要な初期値は値2になります。(左右とも初期値は値2です。)

 

 

続いてダンピングですが、時計回りに回すと圧縮と減衰が強くなります。

まずは圧縮(左)から

まずは反時計回りに回して一番圧縮が弱くなるようにします。

回す際、カチカチと動くのでわかりやすいと思います。

この時の値が1です。

そこから時計回りに回していきます。

純正値は20です。(つまりは20カチカチです。)

 

続いて、減衰の純正値は12です。

圧縮も減衰も最小値は1、最大値は25です。

 

 

リアサスはひまがあったら紹介します。