STD Nyokki's Lab Ⅴ

STD Nyokki's Lab Ⅴ

電子工作、バイク、パソコンを中心に記事を掲載しています。youtube一応やってます。www.youtube.com/user/tatsushi100

テスラコイル ドライブ回路

 

今回は、ゲートドライバicにir2110を使いました。

しかしながらir2110はテスラコイル駆動(数百kHz)下ではあまり向かないicです。

まずはインターラプタ信号とアンテナよりテスラコイルの電磁波を受信して、それを論理回路で合成します。

これらの信号と反転信号を作り、ゲートドライバicに入力します。
その後、フルブリッジ回路でゲートドライバトランスを駆動します。

(今回はゲートドライバicでメインのフルブリッジ回路を駆動する直接駆動せずにゲートドライバトランスで間接的に駆動しています。間接的に駆動する理由としては、低高圧絶縁のためと、高圧側を直接ゲートドライバicで駆動するとicが結構壊れやすいということが頻発したためです。)

↑の回路は修正前の回路です。

修正後は

・アンテナフィードバック回路に無信号時+5vを加えるため、ダイオードと並列に100kΩ抵抗を追加しました。

デッドタイム生成回路のコンデンサを100pFから22pFに変更しました。(時定数0.67×CR=コントロール周波数×0.05)

・ゲートドライバトランス駆動用フルブリッジ回路のFET(IRF3710)のゲート端子とソース端子間にプルダウン抵抗10kΩを追加

・コイル駆動用フルブリッジ回路のスナバコンデンサを630V1uFのものに変更かつ、ハイボルテージ、ローボルテージ間に変更

 

完成した回路がこちらです。

左がコイル駆動用のフルブリッジ回路です。

右上がゲートドライバトランス駆動用回路

右下が555を3つ使ったインターラプタです。(ケースは3Dプリンターで出力しました。)

 

 

駆動後、放電したのですが(放電時の写真は取り忘れました)

数十分放電していたところ、半田がはじけ飛びました。

理由は不明です笑

 

P.S. 実験段階で貫通電流が流れた殉職したFET