STD Nyokki's Lab Ⅴ

STD Nyokki's Lab Ⅴ

電子工作、バイク、パソコンを中心に記事を掲載しています。youtube一応やってます。www.youtube.com/user/tatsushi100

NSR+エイプ(NSR1) 圧縮漏れ修復 分解編

前にNSR1の圧縮を測ったら8.2kg/cm^2しかなかったんですよね(正常は13kg/cm^2だけど82ccボアアップしてるのでそれ以上あるはず)

 

自分のNSR1はキタコのSPL82ccキットを組んであります。

nyokkirokki.hatenablog.com

 

そこで今回はとりあえずバルブのすり合わせをするためにヘッドを取ることにしました。

 

まずは外で作業すると雨でも降ったらたまったもんじゃないので、物置で作業します。

 

ヘッドカバーを取るとこんな感じ!

ちなみに今回はエンジンを下ろさないで作業します!

なぜかというと、面倒だからです。

 

ちなみにこの段階で圧縮or膨張行程をしてみると、どちらかのバルブからシューとわずかーに音がしました。(動画にとってみましたがあまりの音の小ささにノイズと間違えるほどです)

 

ロッカーアームとカムシャフトを取り出すとこんな感じになります。

ちなみにヘッドを取り外すには、突き出している4本のスタットボルトをはずさなくてはいけません。

※なぜかというと、この状態でヘッドをはずそうとするとフレームに当たって取れないのです!

 

ちなみにカムシャフトはこんな感じ、これ結構磨耗してるけど大丈夫なのかな??

 

その後~

スタットボルトが1本取れず、1時間半ほど格闘しました。

↓やっと取れてこんな感じ

 

工具と部品類

 

部屋に戻って実験をします。

ショップタオルで磨いてみたら意外とカーボンが落ちてくれました。

 

そして水を張って、圧縮漏れがどの程度かを見てみます。

 

ちなみにバルブコンプレッサーも入手済みです。